気になる情操教育事情を徹底分析!

情操教育の必要性と重要性

情操教育というと、難しそう、お金や時間がかかるから無理、と諦めてしまう方もいます。 しかし、情操教育の意味をひも解いてみると、高いお金を払って、習い事に通わせるだけが身につける手段ではありません。 日常生活にあるとても身近で簡単なことが、将来の子ども自身を形成する重要な役割をすることがわかります。

子どもの脳と心は家庭で育つ

体やこころを動かす「脳」は3歳までに最も吸収し、成長すると言われています。 しかし、3歳までのことが後の人生を全て決めてしまうことはありません。 情操教育は、「自ら感じることができる心を持つ」ということが前提のため、心が吸収しやすい幼児期や小学校低学年で始めるのが理想です。

目に見える力を育てることだけではない!重要ポイント

情操教育は、子ども自身が感じて行動する心を自ら育むものです。 親が言って聞かせて身に付けるものではなく、親が思った通りに身につけてくれない心の教育です。 子どもの興味のないものを無理に進めても、いやいややらされても身に付くものではありません。 必ず子どもが主体となって行いましょう。

家庭でできる!情操教育

日本での「情操教育」は、注目度は高いものの、十分な解明がなされてきませんでした。
背景には、まだまだ日本は学歴重視の社会ということもあり、早くから習い事をさせ、成績優秀な子どもに育てようとする親が多く、情操教育よりも結果が見える知的教育が注目されがちです。
しかし、近年、いじめや自殺、動物虐待や通り魔など心の悩みが深刻な社会問題に発展してしまっているケースが増え続けています。
勉強はできるが、相手を思いやったり、相手の気持ちになって考えたりすることが苦手な子どもが増え、相手だけでなく自分自身が壁にぶつかった時もどのように解決したらよいかわからないという悩みも増えてきています。
この根源には情操教育があると言われ、近年、日本でもやっと注目されるようになりました。

情操教育は、たくさんのものに触れ合い心を豊かにする教育のことです。
また「自分の心をコントロールする方法」とも言われています。
心のコントロールや物事を感じる心は誰かに教わって身につける感情ではなく、自らが物事に対して「大切にしたい」「かわいそう」と感じ、相手を思いやる心や自分も大切にする心が育てられます。
子どもの頃から、あたたかく思いやりのある豊かな心を育てることは、その子の幸せだけでなく、社会全体の幸せへと繋がります。
あとから、心の発達は決して補えません。
子どもが大きくなってからいくら愛情をかけても、今まで形成されてきた脳が、その成長に追いつかないからです。
子どもたちの明るい未来のためにも情操教育の必要性と重要性をしっかりと理解し、身近なことから取り入れていきましょう。